協会の作り方(21)頑張れば頑張っただけ成果があがるのか

受験勉強などでは、勉強量と成績の関係はだいたいこんな感じになるようです。

この S字のカーブは、一般に
「成長曲線」
と言われているものです。

これを、3つの領域に分けてみましょう。

すると、こうなります。

①最初は頑張ってもなかなか成績が伸びない気がする。

②でもあきらめずに続けていたら、突然成績が伸び始めた。
(「石の上にも三年」というのは、こういうことでしょうか)

③ある程度伸びたら、その後、伸び悩む。
(いわゆる「スランプ」です)

 ▽

下は、過去に協会総研が関わったことのある、とある食の資格認定講座のグラフです。

①の時期を過ぎ、②に入っています。

いつ③が来るのか、まだ分かりませんが…。