協会の作り方(22)理事って結局、なに?

 

分かりやすくいいますと、 一般社団法人などのエライ人のことを 「理事」といいます。

 株式会社でいう 「取締役」に該当します。

日本語では

「理事」

「取締役」

という異なる言葉になっているので、なにかとても違うように思えるのですが、英語ではどちらも director です。

理事のなかでいちばんエライ人が「理事長」です。

「代表理事」ともいいます。

 

「理事長」「代表理事」どちらを使ってもかまいませんが、法務局のような役所に書類を出すときは「代表理事」が正式です。

 

理事の決め方は、

  • まず最初に理事を任命し、理事の方々が相談(ないし選挙)して理事長を決める方式
  • まず最初に理事長を決め、理事長が個々の理事を任命する方式

とがあります。

 

 ▽ ▽ ▽

 

なお、ごくたまに「副理事」という言葉を使う人がいますが、 たぶんこの人は、「副理事長」と言いたかったのだろうと思います。

「副理事」という役職は存在しません。

「副取締役」という役職がないのと同じです。