協会の作り方(61)目玉科目

なんでもそうですが、講座にもメリハリというのは必要ですね。

 

たとえば4科目で1つの講座になっているとしたら、教えたいことをひたすら詰め込むのではなく、

  • 真面目に学ぶ科目
  • 楽しむことに重点を置いた科目

がミックスしているほうが、メリハリ感があります。

 

 ▽

 

さて、この中で、とくに印象に残したい科目を

「目玉科目」

と呼びます。

  • 店舗でいえば「目玉商品」
  • レストランでいえば「定番メニュー」

に該当します。

 

どれか1科目を目玉科目に設定し、受講生の方があとで友だちに受講した感想を話すときに

「あの科目がとくに面白かった」

と言ってもらえるように内容を工夫するのです。

 

言い換えると、

  • 口コミされやすいように作る科目

です。

 

これは1科目だけ作ります。

2科目以上作ると、かえってぼやけます。