協会の作り方(67)資格の名前はじっくり検討しましょう。

 

これから講座を作る人にとって、苦労することの1つは資格の名前です。

代表的なところでは、

  • ○○アドバイザー
  • ○○インストラクター
  • ○○エキスパート
  • ○○管理士
  • ○○コーディネーター
  • ○○コミュニケーター
  • ○○コンシェルジュ
  • ○○指導士
  • ○○診断士
  • ○○ソムリエ
  • ○○マイスター
  • ○○マスター

という名前のつけ方が多いように思います。

 

 ▽ ▽ ▽

 

「どんな名前がよいでしょうか」

という相談を受けることもあるのですが、これはもっとも難しい相談の1つです。

なぜなら、似たような名前がすでにあることが多いからです。

 

「あそこの協会は★★マイスターだから、ウチは★★エキスパートにしよう」

と安直に決めることはお勧めしません。

後半(マイスターやエキスパート)が違っていても前半(★★)が同じであれば、受講する人から見ると、違いが分からないからです。

 

とにかく資格名はあっさり決めずに、時間をかけてよく検討しましょう。