協会の作り方(79)非営利とはどういうこと?

 

このイラストのような感じの怖そうな人たちが集まって、グループを作ったとします。

仲間でアジトを作り、そこで健康食品を作ったとしましょう。

 

その健康食品は、原価が100円です。

原価が100円の健康食品を、怖そうな人たちは1000円で販売しました。

つまり、原価の10倍で販売しています。

利益率は90%もあります。

さて、このグループのしていることは営利でしょうか、非営利でしょうか?

 

印象としては、営利に見えますね。

原価の10倍で売るなんて、なんだか暴利をむさぼっているようにも見えます。

しかし、このグループが、じつはその90%の利益のうち1/3だけを受け取り、残り2/3をカンボジアの恵まれない子どもたちに

寄付していたら、どうでしょうか。

いきなり、非営利に見えませんか?

 

 ▽ ▽ ▽

 

このことから分かるように、営利か非営利かというのは、

「儲けているか儲けていないか(利益の大きさ)」

とは関係がありません。

儲けたお金(利益)を、どのように使っているかで判断されます。