協会の作り方(87)理事の選び方

 

理事になってほしいとこちらからお願いしたい人がいる場合は、協会のパンフレットや設立趣意書を持って説明に行き、上手に口説いて理事就任を承諾してもらうことになります。

 

理事なってほしい人がいない場合は、無理に理事を増やそうとせず、理事会を設置するのをやめ、自分だけが理事になります。

「1人理事」

ということです。

 

はじめから気の合う仲間数人で理事になり、ともに協会を運営していくことになっている場合は、できればトップ(代表理事。理事長ともいう)を決めておきましょう。

 

理事候補が何人かいて、そのうちだれを理事にするかを選びたいときは、勝手に選んで本人の了解をとればそれで終了ですが、それだと独断みたいになっていやだなあと感じるときがあります。

そんなときは、面接 をして決めることをお勧めします。

ただ漠然と面接するのではなく

  • 熱意があるか
  • チーム・スピリットがあるか
  • 将来ビジョンを持っているか

などを問いかけて、その答によって選考しましょう。