足踏みの原因はシンプルです。【協会のマーケティング】

協会を作って資格講座を始めてみたものの、受講生も思ったように増えず、同じ場所で足踏みをしている感じがする。

 

これから活動を伸ばすには、どうしたらよいだろう…?

 

 ▽

 

足踏みをしている理由は大きく分けて2つあります。

 

それは

 

(1)協会として「できてあたりまえ」のことができていない
(2)協会の魅力・ユニークさを十分に伝えられていない

 

この2つです。

 

 ▽

 

(1)協会として「できてあたりまえ」のことができていない

 

これはマーケティング用語で

「衛生要因」

と呼ばれるものです。

 

衛生要因が満たされないと、顧客(受講生)は不快感を覚えます。

 

その結果、マイナスの口コミが発生し、顧客(受講生)が寄りつかなくます。

 

(2)協会の魅力・ユニークさを十分に伝えられていない

 

これはマーケティング用語で

「動機づけ要因」

と呼ばれるものです。

 

動機づけ要因が満たされないと、顧客(受講生)は感動しません。

 

感動しなければ、顧客(受講生)の印象に残ることがなく、したがって口コミも生まれません。

 

 ▽

 

したがって、足踏みから脱却する方法は、ある意味とてもシンプルです。

 

「できてあたりまえのこと」
を取りこぼさない
=衛生要因を満たす。

 

協会の魅力・ユニークさを伝える
=動機づけ要因を満たす。

 

これだけです。

 

前者は協会によってそう大きく異なるものではありませんので、リスト化できます。

 

後者は「創造の苦しみ」に近いものがあるので、

「深く考える」
ことがどうしても必要となります。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。