ビジネスの協会、ビジネスでない協会【協会の作り方】

ビジネスのつもりがあってもなくても、協会活動には大なり小なり費用がかかるのが普通です。

その費用は何らかの方法で賄わなければ、協会活動は継続できません。

その費用をどう賄うかにより、協会の「見え方」が変わってきます。

 

 ▽

 

「見え方」を大きく分類すると

  • まるで会社(ビジネス)のように見える協会
  • 趣味サークルのように見える協会
  • 教育・啓蒙団体のように見える協会

ということになるでしょう。

 

どのタイプの協会でもよい、と言いたいところですが、残念ながらそうではありません。

1つ、気をつけるポイントがあります。

 

最初に挙げた

「まるで会社(ビジネス)のように見える協会」

は、協会のありかたとしては異質です。

なぜなら、そのような協会は

「なぜ会社ではなく、わざわざ協会にしているのか」

が不明瞭なまま活動しているからで、その矛盾は協会運営のさまざまなところで表面化します。

したがってこの形での協会設立はお勧めしません。

 

協会を設立するなら、

  • 趣味サークルのように見える協会
  • 教育・啓蒙団体のように見える協会

どちらかを考えるのが適切です。

 

 ▽

 

  • 趣味サークルのように見える協会
  • 教育・啓蒙団体のように見える協会

が、その活動維持費を得るための方法としては、

  • 寄付金を募る
  • 助成金を獲得する
  • 会員制のシステムを作り会費を得る
  • 資格講座などを開講して受講料を得る

といったものがあります。

会員が増えたり資格講座に人気が出るようになったりすれば、

  • 企業とのタイアップ
  • コンサルティング

などの需要も出てくるので、キャッシュポイントは増えます。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。