協会診断士

研修カリキュラム


  • 会社と協会の違い
  • 協会を作る手順
  • 名前のつけかた(協会名・講座名・資格名)
  • 協会のしくみと登記のしかた
  • 理事会の作りかた
  • 理事長の心得
  • 会員制度の作りかた
  • 会費の決めかた
  • 事業モデルの選びかた
  • 事務局の運営方法
  • 組織の作りかた・組織運営
  • 協会の経理と財務

会社と協会の違い

協会を立ち上げるための最初の1歩は、「協会と会社の違い」を理解することです。

うまくいかなかった協会のほとんどは、この理解がないままに協会を作ってしまっています。

とくに会社を経営していた人や会社に勤務していた人は、頭の中が「会社感覚」になりがちですので、気をつけなければなりません。

 

<主な内容>

  • 協会と会社の違い
  • 会員と顧客の違い
  • 講座は商品ではない

協会を作る手順

協会を作る「決心」をしてから、実際に協会の形が「ひとまず」整うまで、平均6ヶ月かかります。

この6ヶ月のあいだ、何をどういう順番で決めていけばよいのかを解説します。

 

<主な内容>

  • 設立趣意書とは
  • 決めること・決める順番
  • 会員募集に必要な時間

名前のつけかた

ネーミングの優劣によって商品の売れ行きが変わることはしばしばあります。

したがってネーミングをおろそかにするわけにはいきません。

「協会」に関しても同じことが言えます。

 

「協会」の場合、名前をつける対象は主に4つ、あります。

すなわち

  • 協会
  • 講座
  • 資格
  • コミュニティ

以上の4つです。

それぞれのネーミングについて、留意すべきポイントを解説します。

 

<主な内容>

  • 協会名のつけかた
  • 講座名のつけかた
  • 資格名のつけかた
  • コミュニティ名のつけかた

協会のしくみと登記のしかた

協会には「社団法人」や「NPO法人」があります。

そもそも「法人ではない」協会もあります。

どれを選べばよいのでしょうか。

その選択を行うためにも、登記のしくみや協会の構造について知る必要があります。

登記のしくみが分かると、「協会」という概念にまつわる深い意味も見えてきます。

 

<主な内容>

  • 法人の種類にはどういうものがある?
  • 営利・非営利とは?
  • 登記のしくみ
  • 協会の構造

理事会の作りかた

理事会とは何をする会なのでしょうか?

理事とはどういう役割で、どんな権利や義務があるのでしょうか?

誰が理事になるのでしょうか?

理事の給料はどう決めるのでしょうか?

会長や顧問、評議員とは、いったいどういう人たちなのでしょうか?

事務局長は、理事や会長などと、どのように違うのでしょう?

こうした、協会の重要な役職に関する謎を、すべてクリアにします。

 

<主な内容>

  • 理事会を作るプロセス
  • 理事会の運営方法とは?
  • さまざまな役職の人選のしかた
  • 理事会とは何をするところ?

理事長の心得

協会は、会社とは大きく違う組織です。

したがって、会社とは違った運営のしかたをすることになります。

同様に、理事長は社長とはまったく違う存在です。

どちらも組織のトップではありますが、役割が違うのです。

したがって、理事長には、社長とは大きく異なった振舞いかたが求められます。

「社長のような理事長」では、ダメだと言うことです。

同じことが理事にも言えます。

「会社役員のような理事」ではダメです。

 

<主な内容>

  • 理事長のオキテ
  • 協会がうまく回っているイメージの作り方
  • 理事長の最大の仕事とは?

会員制度の作りかた

ふつう、協会に「会員」はつきものです。

(「会員のいない協会」を作ることもできますが、そのような協会は例外的です)

会社の場合、会社が成長したかどうかを判断する指標は「売上高」であるのが一般的ですが、協会の場合、協会が成長したかどうかを判断する指標は「会員数」となるのが一般的です。

したがって協会を作る際には

  • 誰を会員と呼ぶのか
  • 誰を会員と呼ばないのか

すなわち

「会員の定義」

を決める必要があります。

そうでないと、経営指標を作ることができません。

この科目では、適切な会員制度の設計方法について深く解説します。

 

<主な内容>

  • 会員のパターン
  • 会員の役割と権利

会費の決めかた

価格設定(プライシング)は事業の命運を左右するほど重要なもの。

会社の事業で商品開発をする場合でも、価格を決める役割は社長が担っているケースが少なくありません。

単純に「安ければよい」というものではないところが、価格設定の難しいところです。

  • 値下げをしたために売上が落ちた例
  • 値上げをしたらかえって売上が伸びた例

は、いくらでもあります。

かと思えば、

  • 値下げをしたおかげで売上が伸びた例
  • 値上げをしたせいで売上が落ちた例

が、枚挙にいとまがないのも確かです。 

 

「協会」が行う主な価格設定(プライシング)は

  • 会員制度の会費
  • 資格講座の受講料

になりますが、その本質は会社の場合と同じです。

したがって

「会費設定」

「受講料設定」

は、協会の命運を左右する要因なのです。

実際、会費の設定を間違えた結果、会員の4割を失った協会があります。

 

この科目では、会費や受講料を設定するときの考え方について解説します。

 

<主な内容>

  • 会費の心理
  • 受講料の心理
  • 協会のタイプ別、価格戦略

事業モデルの選びかた

世の中には3万数千の協会があると言われています。

そのなかには役所のような協会、業界団体のような協会、サークルのような協会、学校のような協会など、さまざまなものがあります。

クライアントの協会にはどの事業モデルを採用するのが適切なのでしょうか。

この科目でその判断基準を持ちましょう。

 

<主な内容>

  • 協会の事業モデル
  • 事業モデルの選びかた
  • 各事業モデルのプラスとマイナス

事務局の運営方法

協会と呼ばれる組織や団体のほとんどに、事務局が存在しています。

事務局は、協会の講座がスムーズに進むための準備を怠りなくやっていますが、そのほかに一般の人たちからの問合せに対応したり、会員の方々との連絡係をしたりしています。

すなわち、事務局は協会の「顔」になるわけです。

事務局の印象が、そのまま協会の印象になるといっても過言ではありません。

事務局スタッフがつっけんどんな対応だったり、頼りない対応だったりすると、「あの協会は冷たい」「あの協会は大丈夫なのか?」ということになってしまいます。

逆に、事務局スタッフが熱心な対応だったり、しっかりした対応だったりすれば、「あの協会は信頼できる」「あの協会は会員のことをよく考えてくれている」ということになります。

そうなると、事務局をいかに育てるかが重要になってきます。

会員満足度の高い事務局を育てることができるかどうかで、協会の集客力も大きく変わってくるわけです。

では、どうやって会員満足度の高い事務局を育てるのでしょうか?

じつは、協会の「ある特徴」をよく理解していれば、優れた事務局は自動的に育つことが分かっています。

その「ある特徴」を軸に、事務局の育て方を解説します。

 

<主な内容>

  • 事務局の業務内容
  • スタッフの人選のしかた
  • 事務局は外注する? それとも内製化する?

組織の作りかた・組織運営

協会が大きくなるにつれ、それまでは少数精鋭でいろいろなことをオールマイティにこなしていたのが、人数が増え、組織が分化し、役割分担が明らかになっていきます。

協会にはどんな部署が必要なのでしょうか。

スタッフの採用はどのようにしたらよいのでしょうか。

 

<主な内容>

  • 協会の組織
  • 協会の人事
  • 協会スタッフの採用・解雇

協会の経理と財務

この科目の前半では、協会の特徴を活かした資金調達の方法を紹介します。

後半では、協会の経理や税金について、基礎的な解説をします。

 

<主な内容>

  • 協会のキャッシュポイント
  • 協会の資金調達
  • 協会の経理
  • 協会の税金