【コラム】「協会」の基礎知識


<注目記事>

協会を作る前に解いておきたい誤解【協会の作り方】

 

協会総研には、協会を作りたい方々や一般社団法人を作った方々からの問合せがいろいろ来るわけですが、

「協会は講師をどんどん作らないといけない」

そう思い込んでいるケースが少なくありませんが、これは誤解です。

 

また、

「講師になるというメリットがなければ受講してくれない」

「資格講座というのは 講師を育てるものだ」

と思いこんでいるケースもよくあるのですが、これも誤解です。

続きを読む

協会設立には何が必要?【協会の作り方】

協会は、どうやって作るのでしょうか。

スライドで説明します。

(37スライド。約3分半)

続きを読む

<最新記事>

協会の「お金」の話 その4

「協会」会計士・税理士の瀧田証です。

 

一般社団法人を設立する際には、非営利型法人、非営利型法人以外の法人(営利型法人)のいずれかを選択できることはご存知でしょうか。

課税される範囲が異なりますので、設立の際に、税理士への相談も含めて、慎重に判断することが重要です。

 

続きを読む

「起業イコール会社」とは限らない。【協会の作り方】

世間的には

起業 ⇒ 株式会社を作る

と考えるのが一般的ですね。

しかし、それは思い込みで、実際は株式会社以外に、社団法人のような「協会」を作るという方法もあります。

つまり、

起業 ⇒ 協会を作る

という選択肢もある。

 

続きを読む

間違いやすい「ゴール設定」【講座の作り方】

これまでに何度か書いたように、講座を作るときは、まずゴールを設定します。

教えたいことを無秩序に講座化するのではなく、協会としてゴールを設定し、そのゴールに向かうように整然と講座を作ります。

 

しかし、どんなゴールでもよい、ではありません。

 

「講師になれる」

というゴールではだめですか?

 

という質問をよく受けますが、それではゴールになりません。

続きを読む

協会のエンゲージメント【協会の運営方法】

これまでも事あるごとにお伝えしてきましたが、「会社」と「協会」は大きく違うものです。

この違いを無視して協会を作ってもうまくいきません。

 

会社に必要なのは顧客です。

協会に必要なのは会員です。

「会社」と「協会」が大きく違うのと同様、「顧客」と「会員」も大きく異なります。

この違いを知らずに協会を運営するとトラブルが増えます。

続きを読む

協会を作るレシピ【協会の作り方】

レシピというと、料理を作るときに

「どんな材料をどういう順番で調理していくのか」

を書いたものですね。

つまり、

レシピ=段取り表

というわけです。

 

したがって

「協会を作る手順・段取り」

というのも、ある意味1つのレシピです。

 

続きを読む