【コラム】「協会」の基礎知識


<注目記事>

協会を作る前に解いておきたい誤解

 

協会総研には、協会を作りたい方々や一般社団法人を作った方々からの問合せがいろいろ来るわけですが、

「協会は講師をどんどん作らないといけない」

そう思い込んでいるケースが少なくありませんが、これは誤解です。

 

また、

「講師になるというメリットがなければ受講してくれない」

「資格講座というのは 講師を育てるものだ」

と思いこんでいるケースもよくあるのですが、これも誤解です。

続きを読む

協会の作り方(1)協会設立には何が必要?

協会は、どうやって作るのでしょうか。

スライドで説明します。

(37スライド。約3分半)

続きを読む

<最新記事>

資格講座のBEP

BEPとは

「Break-Even Point」

を略した経済用語。

 

日本語でいうと

「損益分岐点」

という意味になります。

 

資格講座の場合、

  • 受講者が何人いれば黒字になるか(=ペイするか)

 

続きを読む

美しい協会とは何か

協会総研は

「美しい協会が美しい社会を作る」

という旗印を掲げています。

 

今回は、「美しい協会」とは何かについて説明します。

続きを読む

協会の「お金」の話 その3

「協会」会計士・税理士の瀧田証です。

 

理事長の皆さんは、個人へのお金の支払いが給与となると、源泉徴収が必要となるために、業務委託費としている人も多いのではないでしょうか。

業務が拡大していくと、業務委託も重要性が大きくなり、契約書を締結することも多いのではないでしょか。業務委託契約書であっても、収入印紙が必要な場合と、必要でない場合があります。

 

続きを読む

コミュニティの育て方(2)食育がしたい

 

(後半から協会の話が出てきます。前半はコミュニティの育て方とは関係のない食育の話がメインですが、すこしのあいだ、おつきあいください)

 

もともと私は食育をしようとフリーになりました。

野球部員が野球から学んだり棋士が将棋から学んだりするかのように、私は生きるうえでの大切なことの多くを食卓で学びました。

食べることで体がつくられますが、受け入れることや手放すこと、人 を思いやることや怒りや悲しみとの調和も食卓で学びました。

私が出来上がるためには食卓が必要だったのです。

続きを読む

協会の「お金」の話 その2

「協会」会計士・税理士の瀧田証です。

 

理事長の皆さんは、お仕事を依頼することも多いかと思います。

お仕事が終わった後、個人へのお金の支払う際に、源泉徴収が必要か否か迷うことはありませんか?大きく以下のように整理ができます。

 

続きを読む