(コラム)「協会」の基礎知識⑤

協会の「お金」


<コラム執筆者紹介>

 

瀧田証

  • 公認会計士・税理士(瀧田証公認会計士事務所 代表)
  • 弁理士(正林国際特許商標事務所 勤務)

福島県会津若松市生まれ、東京都立大学経済学部経済学科卒業。

有限責任あずさ監査法人、有限責任監査法人トーマツにおいて、監査業務(上場会社の他、独立行政法人、公益社団(財団)法人、一般社団(財団)法人の監査も経験)、その他会計アドバイザリー業務(財務DD等)に従事。

現在、正林国際特許商標事務所において、知的財産業務全般に従事するとともに、瀧田証公認会計士事務所において、会計業務にも従事。


協会の「お金」の話 その3

「協会」会計士・税理士の瀧田証です。

 

理事長の皆さんは、個人へのお金の支払いが給与となると、源泉徴収が必要となるために、業務委託費としている人も多いのではないでしょうか。

業務が拡大していくと、業務委託も重要性が大きくなり、契約書を締結することも多いのではないでしょか。業務委託契約書であっても、収入印紙が必要な場合と、必要でない場合があります。

 

続きを読む

協会の「お金」の話 その2

「協会」会計士・税理士の瀧田証です。

 

理事長の皆さんは、お仕事を依頼することも多いかと思います。

お仕事が終わった後、個人へのお金の支払う際に、源泉徴収が必要か否か迷うことはありませんか?大きく以下のように整理ができます。

 

続きを読む

協会の「お金」の話 その1

「協会」会計士・税理士の瀧田証です。

 

所得税の税務調査の対象者が増えるという話が出ています。

今まで以上に、税金のことを知っておく必要が高まっていますので、理事長の皆様がよく経験する状況について、お話ししたいと思います。

 

続きを読む