(コラム)「協会」の基礎知識①

協会の作り方


協会の作り方(145)個人教室から協会へ正しく発展するには?

協会を作りたい!

と思う動機は人によりさまざまですが、たとえば、個人で教室や講座を開いている人が、いつまでも1人でやっていることに限界を感じ、

「協会を作ると集客がしやすくなる」

「協会になれば講師が増えて自分の代わりに各地で活動してくれる」

という動機で協会を作ることを考える、というケースもよく見かけます。

 

では本当に

「協会を作ると集客がしやすくなる」

のでしょうか?

「協会になれば講師が増えて自分の代わりに各地で活動してくれる」

のでしょうか?

続きを読む

協会の作り方(144)協会の定義

「協会」とは何でしょうか?

「協会」という言葉には法律上の定義はとくにありませんし(※)、学術的な定義もとくにありません。

(※)「協会」ではなく、「社団法人」「NPO」という言葉になると法律上の定義があります。

ただし、協会総研では、

「協会らしい協会」

を以下のように定義しています。

続きを読む

協会の作り方(142)会社にあって、協会にないもの

株式会社は「法人」の1種です。

「法人」には株式会社のほかにも種類がいろいろあります。

たとえば、

  • 医療法人
  • 学校法人
  • 一般社団法人
  • NPO(特定非営利活動法人)

などです。

 

ところが、「協会」は、法人をあらわす言葉ではありません。

一部の例外をのぞけば、「法人」の種類のなかに「協会」は、ないのです。

 

続きを読む

協会の作り方(139)協会のコンサルタントになる方法

協会のコンサルタントとは何か?

 

わざわざ書くまでもないようにも思いますが、念のため書いておきますと、

 

協会を作りたい人のために

  • 「協会」の作り方
  • 「協会」の運営方法

こうしたことをサポートするのが

「協会のコンサルタント」

です。

 

続きを読む

協会の作り方(131)協会を部活にたとえると

 

協会は企業みたいに、競争するのでしょうか?

 

むろん、似たような協会や似たような事業をしている企業があれば、そこに競争が生じます。

協会は他の組織と仲良くせよ、といった決まりもありません。

 

続きを読む

協会の作り方(129)NPOと社団法人、どちらが良いのか?

 

どちらが良いのかというと、はっきり言って、好みです。

まず、NPOですが、そもそも名前からして(※)非営利っぽいので、世間の人々から

「商売」「金儲け」

というイメージを持たれることはなさそうに見えます。

 

(※)英語名は

Not-for-Profit Organization

または

Non Profit Organization

日本語では

「特定非営利活動法人」

 

もっとも、NPOは過去に反社会勢力のマネーロンダリングの隠れ蓑に使われることもあったので、NPOに対して悪いイメージを持っている人もなかにはいます。

(まじめにNPOをやっていた人にとっては、迷惑な話です)

続きを読む

協会の作り方(125)個人事業から協会へ

 

これから起業する場合、ひとことで「起業」といっても、「生む」と「育てる」とでは意味あいが大きく異なります。

同様に、

「起業する」と「事業化する」

とでは、意味が大きく違います。

ここでは、

「生む」=「起業する」

の部分について、解説します。

続きを読む

協会の作り方(124)「青写真」と「組立て説明書」

 

協会を作るにせよ、作らないにせよ、

「今年こそは、思いを形にしたい」

つまりビジネスにしたい、と考えているのなら、まず真っ先にお勧めするのは

「青写真を描く」

ということです。

次にすることは、

「青写真に描かれた状態になるための手順(ステップ)を考える」

ことです。

 

続きを読む

協会の作り方(117)協会は会社より成功しやすい?

 

Q: 協会は会社より成功しやすいのですか?

 

続きを読む

協会の作り方(116)協会の事業モデルはいろいろある。

 

協会の事業モデルはいろいろ作れます。

 

たとえばの話ですが、おみやげグッズの協会を作りたくなったとします。

この協会は、どんな活動をするべきでしょうか。

続きを読む

協会の作り方(114)協会という言葉の力

 

たとえばの話ですが、おみやげグッズを製造・販売する「会社」を作りたくなったとしましょう。

ネットで検索すると、おみやげグッズの会社がいくつか出てきました。

このとき、

続きを読む

協会の作り方(105)協会の所有者とは?

 

会社(株式会社)の場合、会社は誰のものかというと、株主のものです。

もし、会社がある日とつぜん解散するとなったとき、会社の残余財産は株主のものになります。

 

続きを読む

協会の作り方(104)協会を作るレシピ

 

レシピというと、

「どんな材料をどういう順番で調理していくのか」

を書いたものですね。

つまり、

レシピ=段取り表

というわけです。

 

したがって

「協会を作る手順・段取り」

というのも、1つのレシピです。

協会を作るという決心をしたらさっそく準備を進めるわけですが、まずはレシピを書きましょう。

レシピ(段取り表)があるほうが段取りを考えずに準備するより圧倒的にうまくいきます。

続きを読む

協会の作り方(101)普及のしかた

 

何か広めたいものがあるとき、よく協会が作られます。

協会は普及活動に向いているからですね。

 

さて、協会を作って、何かの普及事業を行うとしましょう。

たとえば、

「○○式カウンセリング」

といったカウンセリング法を開発した人が、それを普及させるために協会を作ったとします。

 

このとき、普及のしかたには2つの異なるパターンがあることをご存知でしょうか?

続きを読む

協会の作り方(99)どこ発にするか

 

  • 協会の本部をどこに置くのか?
  • 最初の認定講座をどこで開講するのか?

という話です。

 

これは「協会のブランド」にも関わってくる場合があるので、注意が必要です。

続きを読む

協会の作り方(97)会員とは誰のこと?

 

会員のいない協会を作ることもできますが、そんな協会はめったにありません。

理由は簡単で、ふつうは会員を増やしたくて協会を作るからです。

したがって協会を作る際には

  • 誰を会員と呼び、
  • 誰を会員と呼ばないのか

を決める必要があります。

 

続きを読む

協会の作り方(96)協会のしっかり感

 

協会を作る動機にもいろいろあると思いますが、その1つは

 

会社にするより協会にしたほうがしっかり感が出そうだ。

 ↓

そのほうが、お客さんも安心する。

 

というものだと思われます。

 

だとすれば、せっかく協会を作ったのに、その後しっかり感の出ないような経営のしかたをするというのは、矛盾しています。

たしかに、しっかり感が出なくてもべつに法律違反にはなりませんが、協会にしたメリットが全然生かされません。

続きを読む

協会の作り方(95)ビジネスの協会、ビジネスでない協会

 

協会はビジネスにもできますし、ビジネスでない形にもできます。

ビジネスにするか、ビジネスでないものにするかは協会の目的に応じて自然に決まってくるのが普通です。

 

続きを読む

協会の作り方(93)協会は競争してもいいもの?

協会は企業みたいに競争してもいい?

 

むろん、それは自由です。

協会どうし仲良くせよ、なんていう法律もありません。

続きを読む

協会の作り方(91)起業イコール会社?

起業 ⇒ 株式会社を作る

と考えるのが一般的だと思います。

しかし、それは思い込みで、実際は株式会社以外に、社団法人のような「協会」を作るという方法もあります。

つまり、起業 ⇒ 協会を作る

 

たとえば、

  • 社会起業
  • ソーシャル・アントレプレナー

といった社会貢献と利益を両立させたい事業モデルの場合は、協会が向いています。

人々の共感を得やすいからです。

続きを読む

協会の作り方(89)協会はどんな事業ができますか?

 

Q: 協会はどんな事業ができますか?

 

 

 

A: 株式会社でできる事業は、ほとんど協会でもできます。

ただ、一般の人々が協会に対して持っている一定のイメージを考えると、

特定の商品を売る

といった「商売」的なものはあまり向いていないと言えるでしょう。

 

続きを読む

協会の作り方(88)認定と検定

 

認定(試験)と検定(試験)はよく似た意味の言葉ですが、

  • 認定…野菜ソムリエのように「講座とセットになっている状態」
  • 検定…英検や漢字検定のように、試験だけが単体で行われる状態

というような違いが読みとれます。

続きを読む

協会の作り方(87)理事の選び方

 

理事になってほしいとこちらからお願いしたい人がいる場合は、協会のパンフレットや設立趣意書を持って説明に行き、上手に口説いて理事就任を承諾してもらうことになります。

 

理事なってほしい人がいない場合は、無理に理事を増やそうとせず、理事会を設置するのをやめ、自分だけが理事になります。

「1人理事」

ということです。

続きを読む

協会の作り方(86)協会のホームページを作るときは…

 

協会の公式ホームページは外部の誰かに依頼して作ってもらうのではなく、少々苦労してでも、自分で作る。

面倒がる人が多いのですが、少なくとも初めのうちはこれをお勧めします。

 

当然、どこかを直したいときは自分ですぐ直す。

思いついたときに、秒速でさっと直すこと。

このスピード感が重要です。

続きを読む

協会の作り方(83)先に名乗っている人がいたときの対処法

 

Q: 「○○アドバイザー協会」を作り、「○○アドバイザー養成講座」を実施する予定です。

でも検索してみたら、「○○アドバイザー」を名乗っている個人のサイトがいくつかありました。

このまま協会を作っても大丈夫でしょうか?

どうしたらよいでしょうか?

続きを読む

協会の作り方(82)資格がないのに、やっていいんですか?

 

Q: 資格について質問です。

私は管理栄養士ではありませんが、栄養学が好きなので独学で学んでいます。

将来は食事指導のようなことをしたいと思っています。

管理栄養士でない人が食事指導をするのは法律違反になりますか?

続きを読む

協会の作り方(80)商標は取ったほうがいい?

 

Q: 協会を作り資格講座をします。

商標は取っておくものでしょうか?

続きを読む

協会の作り方(79)非営利とはどういうこと?

 

このイラストのような感じの怖そうな人たちが集まって、グループを作ったとします。

仲間でアジトを作り、そこで健康食品を作ったとしましょう。

続きを読む

協会の作り方(78)協会は非営利組織?

 

Q: 協会(社団法人)を作る予定です。

お世話になっている人に、協力をお願いしたところ

「その協会は、非営利なの?」

と聞かれました。

非営利なら協力するけど営利だったら協力してくれないみたいです。

協会は、非営利なのですか?

続きを読む

協会の作り方(74)NPOと社団、選ぶならどっち

 

Q: 協会を作りたいのですが、社団にするか NPO にするか、どちらがよいですか?

続きを読む

協会の作り方(73)「理事長」になる、という起業のしかた

 

起業=会社を作る

とついつい思ってしまいがちですが、起業のしかたは会社だけとは限りません。

 

「協会を作る」

という形で起業するという選択肢もあります。

続きを読む

協会の作り方(69)協会は登記しなくてはいけないの?

 

Q: 協会は必ず登記しないといけませんか?

 

A: 登記するかしないかは自由です。

登記する場合でも、

  • 社団法人にするのか
  • NPOにするのか
  • 財団法人にするのか
  • 会社にするのか

は、条件さえ満たせばどれを選ぶのも自由です。

 

では登記するかしないかをどうやって判断するのかということですが、まず、

  • 当面どうするか
  • 将来どうするか

に分けて考えます。

続きを読む

協会の作り方(68)「笑顔の輪を広げる」がダメな理由

 

会社と協会。

両者の違いは、

  • 会社: 商品を購入して「顧客」になる
  • 協会: 活動理念(ミッション)に共感して「会員」になる 

というところにあります。

 

つまり、協会設立の際には活動理念(ミッション)を分かりやすく明示することになります。

たとえば、活動理念(ミッション)を文章化し、ホームページなどで公表します。

続きを読む

協会の作り方(63)基金と資本金の違い

 

協会(社団法人)を作る際、主なメンバーで基金を出し合うことになります。

基金のことを拠出金ということもあります。

 

会社(株式会社)の場合は資本金を出した人=株主が取締役を選ぶことができます。

同様に、協会の場合は基金を出した人が理事を選ぶことができます。

 

続きを読む

協会の作り方(59)拠出金ゼロでも大丈夫?

 

拠出金ゼロでも大丈夫かというと、大丈夫でもあり、大丈夫ではありません。

 

会社の資本金に該当するものが、協会でいうと拠出金になります。

資本金がゼロでも会社(株式会社)を作れるのと同様、拠出金がゼロでも協会(一般社団法人)を作れます。

昔と比べて大幅に作りやすくなっている、ということです。

 

したがって、登記という意味では、拠出金ゼロで大丈夫です。

 

とはいえ、

 

続きを読む

協会の作り方(58)理念だけでは儲からないとき

 

理念を尊重しながら、利益を上げることができれば、協会の経営は安定します。

 

「たとえば」の話ですが、

シングルマザーを応援するような協会を作りたい、

という人がいたとしましょう。

 

シングルマザーに在宅ビジネスのノウハウを学んでもらい、自宅で子育てをしながら収入を確保してもらう。

そのために協会を作り

「シングルマザーのための在宅起業講座」

をやろう。

…と、計画したとしましょう。

 

ここで問題は、

  • 手を差しのべる必要があるシングルマザーほど、起業講座にお金を払う余裕がない

ということです。

 

つまり、

「助けたい人、手を差しのべたい人からお金をもらう」

というビジネスモデルが成立しない場合があります。

続きを読む

協会の作り方(56)どんな場合、協会を作ればいい?

過去にいただいた質問から…。

 

Q:協会を作ったらいいか、会社にするのがいいか、よく分かりません、

教えてください。

続きを読む

協会の作り方(53)ソーシャル・アントレプレナーを目指すなら

 

起業=株式会社

 

と考えている人は多いと思います。

 

でも実は、

 

「協会」という形で起業する

 

という方法もあることはご存じでしたか?

 

続きを読む

協会の作り方(49)協会立ち上げ費用

 

一般社団法人など、協会をスタートさせる前の、準備段階でかかる費用は、おおよそ以下のような感じです。

続きを読む

協会を作る前に解いておきたい誤解

 

協会総研には、協会を作りたい方々や一般社団法人を作った方々からの問合せがいろいろ来るわけですが、

「協会は講師をどんどん作らないといけない」

そう思い込んでいるケースが少なくありませんが、これは誤解です。

 

また、

「講師になるというメリットがなければ受講してくれない」

「資格講座というのは 講師を育てるものだ」

と思いこんでいるケースもよくあるのですが、これも誤解です。

続きを読む

協会の作り方(48)コンテンツの量

毎週、協会の公式ブログを書くと想像してみましょう。


ランチに何を食べたとか、どこそこのクリスマスツリーがきれいだったとか、そういう日記みたいなものではなく、専門的なこと、たとえば…

 

続きを読む

協会の作り方(47)協会の公共性とは?

 

協会(一般社団法人など)は、会社よりも公共性が高いと一般には認識されています。

 

会社の財産(※)は株主に属しますが、一般社団法人やNPOの財産はどの個人にも属さないことがその本来の理由です。

 

(※)「清算価値」といいます。

続きを読む

協会の作り方(46)USPを作る。

 

USP とは、

 

Unique Selling Proposition

の略です。

 

Unique Sales Point

 

と覚えている人もいますが、まあ、どっちでもよいでしょう。

 

続きを読む

協会の作り方(42)これから協会を作る方へ

 

協会(一般社団法人など)に対して会費を支払ってくれた人は、協会から見ると「会員」です。

協会の講座に受講料を支払ってくれた人は、協会から見ると「受講生」です。

 

では、会員の方や受講生の方から協会を見た場合。

彼らは自分と協会との関係性をどのようにとらえるでしょうか。

 

じつはここに、協会が成長するかしないかの分岐点が存在します。

 

続きを読む

協会の作り方(41)協会は利益を上げてはいけない?

 

協会には、非営利の雰囲気があります。

 

非営利ということは、お金を儲けてはいけないのでしょうか?

 

続きを読む

協会の作り方(39)個人教室から協会へ正しく発展するには?

協会を作りたい! と思う動機は人によりさまざまですが、たとえば、

 

個人で教室や講座を開いている人が、いつまでも1人でやっていることに限界を感じ、

「協会を作ると 集客がしやすくなる」

「協会になれば講師が増えて自分の代わりに各地で活動してくれる」

という動機で協会を作ることを考える

 

というケースもよく見かけます。

 

では本当に

「協会を作ると 集客がしやすくなる」

のでしょうか?

「協会になれば講師が増えて自分の代わりに各地で活動してくれる」

のでしょうか?

続きを読む

協会の作り方(33)協会の名前

新しく協会に名前をつけるとき。

 

「■■協会」

 がよいのか、

 

それとも、頭に「日本」をつけて

 「日本■■協会」

 にするほうがよいのか、ときどき質問されます。

 

続きを読む

協会の作り方(31)大きさを決める。

協会をどのくらいのサイズにしたいですか?

 

つまり、規模感ですね。

 

このことを考えながら一般社団法人を運営している人は多くありません。

 

考えているとしても 

「できるだけ大きくなりたい」

 くらいにしか考えていないケースがほとんどです。

 

続きを読む

協会の作り方(30)協会って、競争してはいけないもの?

 

協会(一般社団法人など)は、企業のように競争してはいけないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

協会も自由に営業活動ができます。

 

ということは、類似の企業や協会があれば「好む・好まない」に関わらず競争が発生します。

 

続きを読む

協会の作り方(29)協会は「ビジネス」か?

協会(一般社団法人など)はビジネスにもできますし、ビジネスではない形にもできます。

 

続きを読む

協会の作り方(28)協会と株式会社どう違う?

協会と株式会社のもっとも大きな違いは、こうです。

続きを読む

協会の作り方(25)拠出金を理解する。

一般社団法人を作るとき、主だった人たちが基金を出し合います。

基金は拠出金とも呼ばれます。

 

続きを読む

協会の作り方(24)オフィスを構える。

資金に余裕がある場合は、始めからどこかのビルに部屋を借りてオフィスを構えることができます。

 

多くの場合、いきなりそんなに資金はないですから、

 

協会の住所を登記するときは

  • 代表者の自宅をオフィスにする

または

  • オフィスサービスを利用する

のどちらかにするのが普通です。

 

 ▽

後者のオフィスサービスですが、

  • 共有オフィス型

会社ごとに小さな部屋が与えられ、コピー機や会議室は共有

  • バーチャルオフィス型

業務をする場所はなく、住所や電話番号だけを借りる。郵便物は、指定した住所(代表者の自宅など)に転送。電話は、指定した電話番号(代表者の携帯など)に転送。

 

という2つのタイプがあります。

いずれも、さまざまな会社がサービスを提供していますので、比較して決めるとよいでしょう。

続きを読む

協会の作り方(23)最初のお金

協会を作るのにお金はいくらかかりますか?

 

よく聞かれる質問です。

 

協会を作るときの初期費用は、以下の条件をどうするかによって、変わります。

続きを読む

協会の作り方(20)○○先生に理事になってもらおう。

その道の名のある方(先生)に理事になってもらえると、
作った協会に箔がつきますね。
そういう方に相談に行くのは、どのタイミングが良いのでしょうか?

続きを読む

協会の作り方(19)協会のパターン4つ

 

 

一般社団法人などの協会のパターン(事業モデル)は、大きくわけて4つあります。

  • 会費型
  • フリーモデル型
  • 認定講師型(フランチャイズ型)
  • ソムリエ型(直営型)

この4つです。

続きを読む

協会の作り方(16)資格更新条件を決めるときの注意点

資格には、

  • 一度取ったら、あとは何もしなくてよい資格
  • 定期的に更新しなくてはいけない資格=有効期限のある資格

の2種類があります。

 

資格認定講座を実施する協会の多くは、後者、すなわち資格に有効期限をつけています。

 

その理由は、2つあります。


続きを読む

協会の作り方(14)「協会」というビジネスの特徴

事業モデルとしてみたとき、「協会」という仕組みを使ったビジネス(資格講座ビジネス)には以下の特長があります。

1) 利益率が高い
2) キャッシュフローが良い
3) 景気の波に左右されにくい
4) 1期2期3期と運営も楽になっていく

 

続きを読む

協会の作り方(13)協会のセオリー

「協会をやってるけど、 最近、伸び悩んでいる。どこに問題があるのか」

そういう相談をよく受けますが、話を聞いてみると、多くの協会さんが根本的なところで

「同じ間違い」

「共通する間違い」

をしていることが分かりました。

 

協会を作るときについつい罹りやすい

「病気のようなもの」

があるのです。

続きを読む

協会の作り方(12)タテ展開

最初は東京だけで開講していた認定講座を、大阪や名古屋、札幌や福岡などでも開講する…
こういう展開を「水平展開」と呼ぶことにしましょう。

これに対し、最初は初級講座だけ開講していたのを、あらたに中級講座、上級講座を開講する…
こうした展開を「タテ展開」と呼ぶことにします。

今回は「タテ展開」について。

 ▽ ▽ ▽


続きを読む

協会の作り方(11)水平展開

最初は東京だけで開講していた認定講座を、大阪や名古屋、札幌や福岡などでも開講する…
こういう展開を「水平展開」と呼ぶことにしましょう。

これに対し、最初は初級講座だけ開講していたのを、あらたに中級講座、上級講座を開講する…
こうした展開を「タテ展開」と呼ぶことにします。

今回は「水平展開」について。


続きを読む

協会の作り方(7)ミッションの立て方

株式会社と協会(一般社団法人など)との違いは、

  • 株式会社: 商品やサービスを気に入った人がそれを購入して「顧客」になる
  • 協会: 活動主旨(ミッション)に共感した人が認定講座などを受講して「会員」になる

という点です。

したがって、協会を作るときには、何よりまず活動主旨(ミッション)を明らかにする必要があります。

 

続きを読む

協会の作り方(6)協会を作るのは簡単?

 

「協会を作るのは簡単なのでしょうか」

という質問をよく受けます。

 

答えは「YES」でもあり「NO」でもあります。

 

「協会を作る」とはどういうことなのか。

この定義によって答えが違います。

続きを読む

協会の作り方(3)作りやすい協会、作りにくい協会

 

「(一般社団法人を作って)資格認定講座ビジネスをやってみたい」

と考えている人は今でも少なくありません。


「○○を普及させるために協会を作りたいのだが、どうしたらいいだろうか?」

 という問い合わせがよく来ます。

 

続きを読む

協会の作り方(2)NPO、社団法人、財団法人、どれがいい?

お問合せいただいた質問を、
ご本人の許可をいただいたうえでご紹介します。

<質問>

若い母親に「子どもの食事」についての正しい知識を伝え、
母親を応援する協会を作ることを考えています。

協会を設立する場合の登録は、株式会社とは別の何かの申請手続きが必要なのでしょうか。

財団法人とか、○○法人とかいろいろ種類があり、よくわかりません。

登録費用も何百万円もかかるなど聞いたりもしますが…。

まずひとつ目は、協会の設立には専門的な登録が必要なのかということ

次に、初めは協会、次に財団法人、と段階を経てその様にした方がいいのか、それとも、まったくそんなことをする必要のないことなのか。
(そもそも意味がないとか)

このあたり全く素人で教えて戴けましたら幸いです。
宜しくお願い致します。
続きを読む

協会の作り方(1)協会設立には何が必要?

協会は、どうやって作るのでしょうか。

スライドで説明します。

(37スライド。約3分半)

続きを読む