団体受講【協会のマーケティング】

資格講座は通常、協会が主催するものです。

場所は、教室を持っている協会の場合はその教室で、そうでない場合は貸会議室などを借りて開講します。

 

しかしその他に、

「よその会社の社内で開講する」

という方法もあります。

いわゆる「出張講座」というものです。

 

 ▽

 

「よその会社の社内で開講する」

というのは、会社の中に会議室を用意してもらい、そこに社員の方々に集まってもらい、講座を開くというものです。

その費用(受講料金)は社員が払うのではなく、会社が負担します。

協会から見ると「出張講座」ですが、会社側から見ると「団体受講」になります。

 

社員教育に熱心な会社であれば、

「外部から講師を呼び、社内で研修を行う」

というのは特に珍しいことではありません。

研修の一環として、協会の資格講座を導入してもらうわけです。

 

 ▽

 

会社の研修というと、

  • セールストークの研修
  • 決算書の読み方
  • 語学研修

といった、会社の業務に直接役立つビジネススキルの研修を連想します。

 

しかし昨今の社員研修はそういうものばかりとは限りません。

たとえば

「メンタルヘルス」

「うつ予防」

「メタボリック・シンドロームの予防」

といったテーマに関する研修も行われます。

したがってそうした課題に関係した資格講座であれば、会社の社内での出張講座もありうるわけです。

 

 

 ▽

 

なお、出張講座を行う際は、できるだけ講座を相手にカスタマイズせず、いつも協会が実施している内容と同じものを、そのまま行うことをお勧めします。

同じものを行うということで、資格もいつもと同じ資格を認定します。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。