講座を作る際に気をつけること【講座の作り方】

講座を作る際には

  • 科目、という言葉
  • コマ、という言葉

があるので、この区別を間違えないようにしましょう。

 

 ▽

 

たとえば、学習塾や予備校の合宿などで

午前中:国語

午後:数学・理科

というメニューだったとします。

これは、3科目です。

国語、数学、理科、という3科目。

 

しかし、時間割をみると

  • 9:00~10:00 国語
  • 10:00~10:15 トイレ休憩
  • 10:15~11:15 国語

となっていたとすると、午前中の科目は国語だけですが、実際にはトイレ休憩をはさんで2コマ、実施されています。

これが、「科目」と「コマ」の違いです。

 

 ▽

 

この言葉の違いを理解したうえで、講座を設計するときには

  • 何科目にするのか
  • 何コマにするのか

を考えます。

 

さらに、

  • 1コマあたり60分にするのか
  • 90分にするのか
  • 2時間にするのか

といったこともを考えることになります。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。