試験について【講座の作り方】

協会を作って資格講座を作る。

そこまでは良いのですが…。

 

テキストは一生懸命に作るけど試験は適当。

そんなケースをよく見かけます。良くないですよ。

 

 ▽

 

テキストを作るときは一生懸命なのに、試験を作る段になると、急に疲れて手抜きになってしまう。

試験より講座のほうが先に来るので、ついつい試験が後回しになる。

気持ちは分かります。

 

でも、手抜きはダメです。

受講生さんはバカではありませんので、試験が手抜きだとすぐに分かります。

試験が手抜きだと、

「受講料さえもらってしまえば、後はどうでもよいと思っている」

そんな協会だと思われる可能性があります。

 

とくに資格講座の場合、試験が軽い感じだと、資格じたいも軽く感じられてしまいます。

つまり、試験は手抜きしないこと。

 

 ▽

 

試験を作るときは

「この内容だと、平均点は何点くらいだろうか?」

「この内容だと、合格率は何パーセントになるだろうか?」

といったことを考えながら作ることをお勧めします。

 

むろん、想定したとおりの平均点にはなりません。

想定したとおりの合格率にも実際にはなりません。

しかし、これを繰り返していくうちに、

「このくらいの内容だったら平均点はこのくらいだろう」

「このくらいの内容だったら合格率はきっとこのくらいだ」

という感覚が、磨かれてきます。

だんだんと、予想と実際とが近づいてきます。

この感覚を育てることが大切です。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。