講座を修正するタイミング【講座の作りかた】

「講座を何度か開講してみたが、いろいろ反省点が出てきたので内容を変えたい」

そういうケースはよくあります。

 

 ▽

 

内容を変えたい理由はいろいろあります。

  • ボリュームが大きすぎた。
  • ポイントをもっと強調したい。
  • 順番を変えたほうが分かりやすい。
  • ここは図解が必要だ。
  • 古い情報を更新したい。

などなど。

 

そんなときどうするかというと、すぐに変えましょう。

躊躇する必要はありません。

 

ただし、内容を変えたときにカリキュラムに新しく加わったものがあれば(「差分」といいます)、それを過去の受講生さんに伝えることを忘れずに。

そのほうが

「親切でしっかりした協会」

という印象になります。

 

むろん、すぐに伝えることができればそれがベストですが、

  • 年に1度か2度、メールを送るとか
  • なにかのイベントの折などに伝えるとか

そういう形でもよいです。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードした方にメールマガジン

「協会の学校」

を配信します。

 

配信頻度: 月2~3回

 

会社ではなく「協会」という形で起業したい人、すなわち 

  • 協会を作る
  • 協会を運営する
  • 協会を成長させる
  • 資格講座を作る

といったことに関心のある個人の方のためのメールマガジンです。