協会を部活にたとえると【協会の作り方】

協会は企業みたいに、競争するのでしょうか?

 

むろん、似たような協会や似たような事業をしている企業があれば、そこに競争が生じます。

協会は他の組織と仲良くせよ、といった決まりもありません。 

 

 ▽

 

とはいえ、協会は

  • ○○が好きな人の集まり
  • ○○を普及するための団体
  • ○○に従事する人の集まり

という性格のものが多いです。

そういう団体は、テーマごとに1つあればそれで十分です。

似たような協会が他にあるのにわざわざもう1つ協会ができるということはあまり起きません。

 

たとえば、同じ学校にテニス部が2つある、といったことがないのと同じです。

すでにサッカー部がある場合、テニス好きな人はそこに入ればよく、わざわざ自分で「第2テニス部」を作ることはないわけです。

 

 ▽

 

言いかえれば、新たに協会を作るときはすでに似たような協会がないことを確認してから作る。

これをお勧めします。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度: 週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。