協会って、競争してはいけないもの?【協会の作り方】

協会(一般社団法人など)は、企業のように競争してはいけないのでしょうか?

 

法律上、競争は禁じられていません。

協会も自由に営業活動ができますので、類似の企業や協会があれば、「好む・好まない」に関わらず競争が発生することになります。

 

ですが…

 

 ▽

 

ですが、企業が競争する姿はアスリートが正々堂々と戦うような感じがあり美しいですが、協会があくせく競争する姿は、決して美しいとはいえません。

 

実際のところ、複数の協会が存在し、似たような講座が開催され、さかんに競争している分野が存在します。

そのようなケースでは、会員の奪い合い、集客合戦が行われます。

 

 

とはいえ、協会が企業のようにはげしく競争する、というのはやはりできるだけ避けたいものです。

 

 ▽

 

企業の場合、

「1つの分野に何社もあり、競争している」

のは、健全に感じられます。

 

反対に

「1つの分野に1社しかない」

という状況は、社会的にもあまり好ましく思われません。

独占している感じがするからです。

 

いっぽう、協会の場合は

「1つの分野に1つの協会」

は、わりと受け入れられやすい。

 

反対に

「1つの分野にいくつもの協会がある」

といった場合は、健全でないように見えます。

「どの協会を信頼したらいいの?」

ということになるからです。

 

1つの国に政府が2つある、という状態と少し似ています。

 

 ▽

 

なぜ分野によっては協会どうしが競争しているのでしょうか?

それは、

  • 「協会らしい協会」になっていないから
  • 「会社みたいな協会」になっているから

というのが原因です。

  • 会員をメリットで釣ろうとしているから
  • 会員と損得勘定でつきあっているから

だとも言えます。

 



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。