協会は誰でも作れますか?【協会の作り方】

Q:非常に基本的な質問でごめんなさい。

協会は誰でも作れるものなのでしょうか?

A:はい。

誰でも会社が作れるのと同様、誰でも協会を作れます。

 

まず、協会は会社と違い、役所(法務局)に届出(登記)をしなくても作ることができます。

届出(登記)をしないということは、法人化しない、ということになりますが、そのような協会は

「任意団体」

という扱いになります。

 

学生サークル、町内会、ママ友の合唱団、といったものが

「任意団体」

ですが、登記をしない協会も同じ分類になります。

 

次に、そうはいっても協会を作る人の多くは、はじめから法人として登記をします。

「任意団体ではしっかり感が出せない」

と思うのでしょう。

 

登記をする場合は、

「一般社団法人」

として登記するのが一般的です。

つまり、

「一般社団法人○○協会」

という名前になるわけです。

 

たまに、株式会社として登記するケースがあります。

その場合は

株式会社○○協会」

「○○協会株式会社」

という名前になります。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。