普及のしかた【協会の作り方】

何か世に広めたいものがあるとき、よく協会が作られます。

協会は普及活動に向いているからですね。

 

さて、協会を作って、何かの普及事業を行うとしましょう。

たとえば、

「○○式カウンセリング」

といったカウンセリング法を開発した人が、それを普及させるために協会を作ったとします。

 

このとき、普及のしかたには2つの異なるパターンがあります。

 

それは、

  • 協会は、カウンセラーを育成する

というパターンと、

  • 協会は、みずからカウンセリング活動を展開する

というパターンです。

 

 ▽

 

前者の場合、その協会は

「○○式カウンセラー協会」

となり、

「○○式カウンセラー養成講座」

が主たる事業になります。

 

その養成講座で養成されたカウンセラーが、各地でカウンセリング活動を行います。

 

つまり、協会ではなくカウンセラーがカウンセリング活動をします。

協会はカウンセリング活動をみずからすることはなく、その代わり、会員(カウンセラー)のカウンセリング活動をサポートする役割をします。

 

 ▽

 

後者の場合、その協会は

「○○式カウンセリング協会」

となり、

「○○式カウンセリング・サロン」

のようなものを、みずから各地で展開することが主な事業となるでしょう。

 

カウンセリング・サロンは協会の直営になります。

協会が各地で直営のカウンセリング・サロンを開くためには大勢のカウンセラーが必要になりますので、協会はカウンセラーになりたい人をその都度、「募集」し、応募してきた人に研修を受けてもらい、合格した人を認定カウンセラーとして直営のサロンに派遣する、ということをします。

 

ただ、この方式は協会というより会社に近いものです。

会社を作ってカウンセリング・サロンを展開すればよいだけの話なので、わざわざ協会にする必要がありません。

 

 ▽

 

言い換えると、普及方法には

  • 「人」を育成する、という普及方法
  • 「場」を提供する、という普及方法

があるということですね。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。