基金と資本金の違い【協会の作り方】

 

協会(社団法人)を作る際、主なメンバーで基金を出し合うことになります。

基金のことを拠出金ということもあります。

 

会社(株式会社)の場合は資本金を出した人=株主が取締役を選ぶことができます。

同様に、協会の場合は基金を出した人が理事を選ぶことができます。

 

 ▽

 

ただし、この両者には相違点もあります。

 

会社の場合、株主の権利(支配権といいます)は持ち株比率によって異なります。

つまり、権利の大きい株主とそうでもない株主がいます。

 

いっぽう、協会の場合、「持ち株比率」のような区別はなく、基本的には、基金を出した人全員が、1人1票というのが原則になります。

 

乱暴なたとえをすると

  • 会社=資本主義
  • 協会=社会主義

みたいなところがあります。

 

 ▽

 

そうはいっても、なにごとにつけても方法というのはあり、

  • 自分自身が基金を出す。
  • 自分の会社を作り、その会社が基金を出す。

というやり方をすると、事実上2票を持つことができます。

 

実際にもこの方法はよく使われます。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度: 週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。