非営利とはどういうこと?【協会の作り方】

このイラストのような感じの怖そうな人たちが集まって、健康食品のネット販売を始めたとします。

仕入れた健康食品は、彼らのアジトの地下室に保管されています。

 

その健康食品は、仕入れ値が100円です。

仕入れ値が100円の健康食品を、怖そうな人たちは2000円で販売しました。

つまり、原価の20倍で販売しています。

利益率は95%もあります。

さて、このグループのしていることは営利でしょうか、非営利でしょうか?

 

 ▽

 

印象としては、営利に見えますね。

仕入れ値の20倍で売るなんて、なんだか暴利をむさぼっているようにも見えます。

 

しかし、このグループが、じつは

「その95%の利益のほとんどをアフリカの恵まれない子どもたちに寄付していた」

と知ったら、どうでしょうか。

いきなり、非営利に見えませんか?

 

怖い顔が、優しい顔に見えてきませんか?

 

 ▽

 

このことから分かるように、人々が思う「営利」「非営利」は、

  • あくどいことをしているような印象→営利
  • 良いことをしているような印象→非営利

という図式になっています。

曖昧だということです。

 

法律上はどうなっているかというと、

「儲けているか儲けていないか(利益の大きさ)」

 

ではなく、

「儲けたお金(利益)を、どのように分配しているか」

で判断されています。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。