協会は非営利組織?【協会の作り方】

Q: 協会(社団法人)を作る予定です。

お世話になっている人に、協力をお願いしたところ

「その協会は、非営利なの?」

と聞かれました。

非営利なら協力するけど営利だったら協力してくれないみたいです。

協会は、非営利なのですか?

 

 ▽

 

A: 質問に答える前に、

  • 「非営利」とはどういう状態を指すのか
  • 「営利」とはどんな状態を指すのか

ここをはっきりさせる必要があります。

なぜなら、

  • 一般常識として人々がイメージする「非営利」
  • 法律上の「非営利」

両者は意味が違うからです。

 

結論を先に言いますと、社団法人は法律的には「非営利」です。

では常識と照らし合わせてどうかというと、じつは協会により違ってきます。

 

法律的にに言うと「非営利」というのは

「儲けたお金を、株主に分配しない」

という状態を指します。

社団法人には株主がいないので、分配のしようがありません。

したがって、すべての社団法人は自動的に非営利になります。

 

ここから分かるように、協会はお金を儲けてもよいです。

ただ、株主に分配してはいけないのです。

株主に分配しないから、儲けていても、非営利。

 

では常識的なイメージはどうかというと、一般人の感覚としては分配がどうのと言われてもピンと来ません。

それよりも、そもそも

「お金儲けしてるんだったら非営利というのはおかしい」

という感覚なのではないでしょうか。

この観点でいうと

  • お金儲けをしている協会は、営利
  • お金儲けをしていない協会は、非営利

つまり、協会によって営利だったり非営利だったりする。

ということになります。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。