言葉を提供する。【協会のマーケティング】

会社の場合、お客さんに対して

「この商品を宣伝してください」

と直接お願いするのはなかなか難しいように思います。

 

ところが一般社団法人など、協会の場合は、会員(受講生)さんに対して

「この講座をお知り合いにPRしてください」

とお願いするのは比較的言いやすいのではないでしょうか。

 

理由は、会員(受講生)さんは協会にとってお客さんでもありますが、仲間・同志でもあるからです。

 

 ▽

 

ですので、会員(受講生)さんには PR をお願いしましょう。

 

ただし、ただお願いするだけでは会員(受講生)さんも困ります。

「どんなふうに口コミしてほしいのか」

つまり「話し方」を示さないといけません。

 

たとえば会員(受講生)さんが友達とカフェで話しているとします。

 

会員(受講生)「先日、○○講座を受講したの」

友達「へえ。そうなの。どういう講座?」

会員(受講生)「それはね…」

 

この「…」の部分に、どんな言葉が入るのかが重要になりますが、これを協会側から提供してあげることが重要になります。

 

どんな講座なのか、どんな協会なのかを説明しやすいように、言葉を作っておいてあげるということです。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。