大きさを考える。【協会の運営方法】

協会をどのくらいのサイズにしたいですか?

つまり、規模感ですね。

 

立ち上げ時から協会の将来規模を考えているケースはあまり多くありません。 

考えているとしても 

「できるだけ大きくなりたい」

 くらいにしか考えていないケースがほとんどです。

 

実際には規模のことを考えなくても協会運営はできるのですが、たまには考えてみましょう。

そうすることで、今後の戦略も作りやすくなります。

 

 ▽ 

 

規模感の目安としては、会社の場合は

  • 売上(年商●●●●万円)

で表すのがふつうですが、協会の場合は金額ではなく

  • 会員数(●●●人)

で考えるのがふつうです。

 

どのくらいの規模になってほしいかを、既存の会員さんにヒアリングしてみるのもアリです。

その際、

 「あまり大きくなってほしくない」

という会員さんが、一定の割合でいます。

 

こうした方々は、協会が大きくなると去っていく可能性が高く、場合によってはマイナスの口コミをし始めることがあるので、気をつけましょう。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。