「起業イコール会社」とは限らない。【協会の作り方】

世間的には

起業 ⇒ 株式会社を作る

と考えるのが一般的ですね。

しかし、それは思い込みで、実際は株式会社以外に、社団法人のような「協会」を作るという方法もあります。

つまり、

起業 ⇒ 協会を作る

という選択肢もある。

 

 

 

 ▽

 

どんな場合に株式会社を作り、どんな場合に協会を作るのでしょうか。

大雑把にいうと

  • モノやサービスを販売する→株式会社が向いている
  • 人を集める→協会が向いている

ということになります。

 

たとえば、健康食品の販売をしたいなら、株式会社を作るほうがよいです。

物販と株式会社は相性が良いからです。

(反対に、物販と協会は相性が良くありません)

 

 

たとえば

「人間とネコがともに幸せに暮らせる社会を実現するために、ネコ好きが集まるコミュニティを運営する」

というケースであれば、協会を作るのがよいです。

コミュニティ運営は協会に向いています。

 

 

 ▽ 

  • 会社を作った場合、トップは「社長」です。
  • 協会を作った場合、トップは「理事長」です。

細かくはところどころ異なりますが、立場や権威という意味では、両者は大まかには同じです。

その証拠に「社長」も「理事長」も、英語にするとどちらも president です。

 

しかし両者には違いもあります。

最大の違いは、

  • 社長は、競争社会のリーダーです。
  • 理事長は、共存社会のリーダーです。


無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。