協会のホームページを作るときは…【協会のマーケティング】

協会の公式ホームページは外注して立派なのを作ってもらうのではなく、少々苦労してでも、立派でなくても、自分たちで作る。

面倒がる人が多いのですが、少なくとも初めのうちはこれをお勧めします。

 

当然、どこかを直したいときはすぐ直す。

思いついたときに、秒速でさっと直すこと。

このスピード感が重要です。

なぜなら、協会をスタートした初期のころは、小さな試行錯誤を大量に繰り返し、答を見つけることが重要だからです(※)。

「修正を思いついたらすぐに修正できる体制」が必要なのです。 

 

そのためには、当然、ホームページの作り方や直し方を学ばなければいけませんが、必要な学びです。

自分の服は自分で選び、自分で着ますね?

子どもや王様や出演前のタレントさんでない限り、服は着せてもらうのではなく、自分で着るはずです。

ホームページは服を着るのと同じです。

 

 ▽

 

「マネジリアル・マーケティング」

(Managerial Marketing)

という言葉があります。

 

マーケティングは社員や外部の代理店に丸投げするのではなく、社長が自分で先頭に立ちなさい、という意味です。

マーケティングは、社長の仕事。

むろんこれは会社の場合のことですが、協会の場合も本質は同じ。

公式ホームページをマーケティングツールと考えるなら、自分自身で細かくメンテナンスすべきです。

自分で自由自在に修正できるようにするべきです。

 

幸いなことに、最近は作ったり管理したりするのが簡単なウェブサービスがいろいろあります。

費用も安いです。

HTMLの知識がなくても扱えますし、ほんの少しHTMLを覚えれば、たいがいのことは時間もかけずにできるようになります。

 

(※)ビジネスの世界で「ピボット経営」と言われる概念と同じです。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。