つい自分が…は誤り【協会の運営方法】

協会は

「受講生(会員)ファースト」

です。

「理事長ファースト」

ではありません。

 

これ、頭では分かっているつもりでも、行動に出るには”修行”が必要です。

 

 ▽

 

たとえば、雑誌記者から電話がかかってきて、取材の依頼があったとしましょう。

多くの場合、なにも考えずに理事長本人が取材に応じてしまいます。

 

しかし、ほんとうに理事長でないと対応できない取材だったのでしょうか?

受講生(会員)の方に出てもらって、受講生(会員)の口から協会について語ってもらったほうが、よかったのではないでしょうか?

 

もし受講生(会員)に取材に出てもらったとしたら、

  • 受講生(会員)は、いつもと違う体験ができて嬉しいでしょう。
  • 受講生(会員)が協会について語るほうが、理事長が自分の協会について語るよりも、人々は信じてくれるのではないでしょうか。

 

 ▽

 

おそらく、理事長が自分で全面に出るより、受講生(会員)の方を立てたほうがよい場面が、ほかにもたくさんあるはずです。

 

そのことを見逃している理事長さんが大勢います。

 

「受講生(会員)ファースト」

忘れないようにしましょう。


無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度: 週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。