右を向いてくれますか。【協会の運営方法】

多くの会社にとってお客さんはお客さんにすぎません。

会社に利益をもたらしてくれる大切な存在ではあるけれど、それでも、お客さんはお客さんでしかなく、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

しかし、協会にとって会員は、お客さんとは異なる存在です。

 

協会のとっての会員・受講生は、同志でもあります。

仲間でもあります。

 

 ▽

 

企業の社長がお客さんにむかって

「右向け右」

と言っても誰も右を向いてくれません。

 

「わが社のために、右を向いていただけないでしょうか」

と丁寧にお願いしても、右をむいてくれないでしょう。

 

しかし、協会の理事長が会員・受講生さんに向かって

「協会のために、右を向いていただけないでしょうか」

というと、多くの会員・受講生は

「協会のためなら、しかたないわね」

と右を向いてくれることが多い。

 

「協会のため」というのは「大儀のため」でもあるからです。

 

しかも、右を向く当人にとっても

「協会に頼られちゃった」

みたいな感じで、案外けっこう嬉しかったりします。

 

たぶんここが、企業と協会の最大の違いなのではないでしょうか。

 

逆にいうと、会員や受講生の方々のそういう気持ちを大事にすることができるかどうかが、協会の命運を分けるように思います。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードした方にメールマガジン

「協会の学校」

を配信します。

 

配信頻度: 月2~3回

 

会社ではなく「協会」という形で起業したい人、すなわち 

  • 協会を作る
  • 協会を運営する
  • 協会を成長させる
  • 資格講座を作る

といったことに関心のある個人の方のためのメールマガジンです。