協会の知名度を上げるために最初にすること【協会のマーケティング】

 

協会の知名度を上げていくために、まずは

「何をブランドにするのか」

を決めましょう。

 

 

協会の場合、ブランドにする対象は以下4つです。

  • 代表者(=あなた)の名前
  • 協会の名前
  • 講座の名前
  • 資格の名前

この中から1つ選び、選んだ1つを一生懸命にアピールしていきます。

 

選ぶのは1つだけです。

複数選んでしまうと、エネルギーが分散されてしまい、結局は「二兎を追うもの一兎も得ず」になります。

 

「協会を有名にするためにはまず私が有名にならなきゃ」

と思うのであれば、あなた個人がテレビや雑誌に出るように頑張りましょう。

 

「協会の名前を有名にしたい」

と思うのであれば、代表者個人はなるべく表に出ないようにし、協会の理念のすばらしさをアピールする活動をします。

 

「講座を人気講座にしたい」

というのであれば、講座の魅力、講座の面白さをアピールする努力をします。

 

「資格の名前を広めたい」

ということであれば、受講生の方々が活動できる場をどんどん作るべきです。

 

つまり、ブランド化したい対象により努力のしかたが違ってくるので、どれを有名にしていきたいのかをまずは決めることが大切です。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度: 週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。