理事って結局、なに?【協会の運営方法】

一般社団法人などで、重要な意思決定をする役割の人を 「理事」といいます。

 株式会社でいう 「取締役」に該当します。

 

 ▽

 

日本語では

「理事」

「取締役」

という異なる言葉になっているので、なにかとても違うように思えるのですが、英語ではどちらも director です。

理事のなかでいちばんエライ人が「理事長」です。

「代表理事」ともいいます。

 

「理事長」「代表理事」どちらを使ってもかまいませんが、法務局のような役所に書類を出すときは「代表理事」が正式です。

 

理事の決め方は、

  • まず最初に理事を任命し、理事の方々が相談(ないし選挙)して理事長を決める方式
  • まず最初に理事長を決め、理事長が個々の理事を任命する方式

とがあります。

 

 ▽

 

なお、ごくたまに「副理事」という言葉を使う人がいますが、 たぶんこの人は、「副理事長」と言いたかったのだろうと思います。

「副理事」という役職は存在しません。

「副取締役」という役職がないのと同じです。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードした方にメールマガジン

「協会の学校」

を配信します。

 

配信頻度: 月2~3回

 

会社ではなく「協会」という形で起業したい人、すなわち 

  • 協会を作る
  • 協会を運営する
  • 協会を成長させる
  • 資格講座を作る

といったことに関心のある個人の方のためのメールマガジンです。