理事のお値段【協会の運営方法】

理事になってもらう人にはいくら報酬を払うの?

という話ですが、法律上、理事の報酬額については何の決まりもありません。

慣習上、なにか相場のようなものがあるのかというと、相場のようなものもありません。

したがって、報酬額は本人との話し合いで決めることになります。

 

 

 ▽

 

生まれたばかりの協会の場合、最初のころは無償でやってもらい、協会が軌道にのってきたら理事報酬を支払う、というケースが多いですが、専門スキルを持っている理事の場合は、その専門能力を提供してもらうために、最初から報酬を払うこともあります。

つまり、仲良しの人に理事になってもらう場合は、お互い最初のうちは手弁当で頑張りましょう、ということになりますが、なにかの専門家にお願いして理事になってもらう場合は、さすがに手弁当では理事になってくれないでしょうから、はじめから何がしかの理事報酬を想定することになります。

 

なお、理事報酬を払わない代わり、理事の人が別に経営している会社などに、協会から業務を発注する、という方法をとることもあります。

 

ボーナスのようなものは理事に対しては普通ありません。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードした方にメールマガジン

「協会の学校」

を配信します。

 

配信頻度: 月2~3回

 

会社ではなく「協会」という形で起業したい人、すなわち 

  • 協会を作る
  • 協会を運営する
  • 協会を成長させる
  • 資格講座を作る

といったことに関心のある個人の方のためのメールマガジンです。