理事の選び方【協会の作り方】

会社に「社長」「役員」といったリーダーがいないと始まらないのと同様、協会にも「理事長」「理事」といったリーダーが必要です。

 

はじめから気の合う仲間数人で理事になり、ともに協会を運営していく、というのがもっとも美しい姿ですが、そうもいかないケースはあります。

たとえば

  • 今のところ動ける人間が自分1人しかいない

といった場合などです。

 

 

 ▽

 

動ける人間が自分1人しかいないという場合は、さしあたって自分だけで理事をするしかありません。

つまり「理事が1人しかいない協会」となるわけですが、理事1人だけでも協会は作れます。

 

しかし、「理事が1人しかいない協会」は、外から見ると協会らしく見えません。

  • 協会の皮をかぶった個人商店
  • 協会の皮をかぶったフリーランス

のように見えます。

それでは何のために協会を作ったのか、ということになります。

 

なので、「理事が自分1人しかいない」状態から早く脱却することをお勧めします。

 

 ▽

 

気の合う仲間はいないけれど、

「理事になってほしい」

とこちらからお願いしたい人がいるケースもあります。

たとえば

  • 業界で長く活動している先輩
  • ときどきお世話になっている社長さん
  • コンサルタントの人

などです。

 

そのような人がいる場合は、

  • 協会のパンフレット
  • 設立趣意書

などを作り、それを持参して説明に行き、理事就任を承諾してもらうことになります。

 

 ▽

 

長らく教室をしていた人が協会を作るような場合、これまでの生徒さんに呼びかけて理事を募集することも可能です。

応募者が多いときは、面接をすることになるでしょう。

 

面接をする場合は、ただ漠然と面接するのではなく

  • 熱意があるか
  • チーム・スピリットがあるか
  • 将来ビジョンを持っているか

などを問いかけて、その答によって選考しましょう。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。