○○先生に理事になってもらおう。【協会の作り方】

その分野で名のある方(先生)に理事になってもらえると、作った協会に箔がつきますね。
そういう方に相談に行くのは、どのタイミングが良いのでしょうか?

 

あまり早すぎて何も決まっていないうちに行っても、
「もっとよく考えてから来てください」
なんて叱られそうだし、

かと言っていろいろ決まってから行くと、
「自分には相談がなかった」
とヘソを曲げられるかもしれません。

相手にもよりますが。

 ▽

1つの目安は、
「設立趣意書の原案を作って見せに行く」
というタイミングが良さそうに思います。

設立趣意書とは

  • なぜ協会を作りたいのか
  • 協会を作って何をしたいのか
  • 関係者(役員など)は誰か

などを記載した説明書です。

これを書いておけば
「もっとよく考えてから来てください」
と言われることはありません。

また、この原案のよしあしを相談したいと言えば
「自分には相談がなかった」
と返されることもありません。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。