講座テキストの完成度【講座の作り方】

  • 自分でテキストを作り自分で講師をする
  • テキストは自分で作り、誰かに講師をしてもらう

どちらの場合であっても、講座を実施するたびに、

「○○ページの○○のところ、もっと細かく書けばよかった」

「○○ページの○○のところ、挿絵を入れればよかった」

といった改善点が後から見えるものです。

 

つまり、最初から完璧なテキストはなかなかできません。

 

ですので、はじめから非の打ちどころのないテキストを作るよりは、70パーセントくらいの完成度でもいいので、まずは実際に開講してみる。

これをお勧めします。

 

何度も講座を開催しながら、内容を練っていくのです。

 

 ▽

 

「でも完成度の低いテキストを使うのは、受講生の方に失礼ではないのか」

と思われるかもしれませんが、もしそう思うのであれば、テキストを改善した都度、会員の方(=過去に受講した人)、改訂版を送ってあげましょう。

 

そのほうが、誠実です。

 

改訂版をまるまる送るのが大変であれば、差分(=改訂した箇所)を書いた紙を送ってあげてもよいです。

 

これにより、会員の方との接触機会ができるので、ついでにイベントの案内とか上級コースの案内などを同封すればよいです。

 

いずれにせよ、大事なのは

「講座をどんどん改善していく」

この姿勢です。

 

細かい改善の積み重ねが、塵も積もれば山となり、だれも模倣できない優れた講座が育っていきます。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度:週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。