商標は取ったほうがいい?【協会の運営方法】

<質問> 

 

協会を作り資格講座をします。

商標は取っておくものでしょうか?

 

 ▽

 

取るか取らないかという二者択一でいえば、取れるなら取っておくに越したことはありません。 

むしろこの機会に、知的財産というものについて理解を深めておくことをお勧めします。

 

商標の取り方は

  • 協会名を商標登録する
  • 資格名(講座名)を商標登録する

という2通りあります。

 

資格名(講座名)がそのまま協会名になっている場合は、資格名で取っておけばよいでしょう。

たとえば

「おみやげアドバイザー協会」

を作り

「おみやげアドバイザー講座」

を実施する場合は、

「おみやげアドバイザー」

を商標登録します。

 

資格名(講座名)と協会名が異なる場合、たとえば

「旅の雑貨協会」

を作り、

「おみやげアドバイザー講座」

を実施する場合は、

「おみやげアドバイザー」

をとりあえず商標登録。

なぜなら、模倣を防ぎたい緊急度は

「おみやげアドバイザー」

のほうが高いからです。

その後、資金に余裕があれば

「旅の雑貨」

のほうも商標登録しておけば安心です。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度: 週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。