成長と割り切り【協会の運営方法】

資格講座をスタートしたものの、最初の頃は受講者が少なく、集客にたいへん苦労した。

でもいろいろ試行錯誤を繰り返しているうちに受講者が増え、ようやくほっと一息。

あらためて協会の状況を眺めてみると、

「そういえば、初期のころはよくイベントなどに顔を出してくれた人たちが、最近、来てない…」

よくある現象です。

 

 ▽

 

じつはこれは、きわめて健全な現象です。

 

試行錯誤をしているうちに、講座の顧客ターゲットが変わり、以前とは違うカテゴリの人たちが受講するようになります。

そうなると、初期の受講生さんは

「協会も変わってしまった」

と感じ、去っていくわけです。

寂しいことではありますが、ビジネス上、覚悟が必要な部分でもあります。

 

割り切りましょう。

 

 ▽

 

初期の受講生さんというのは、協会主催者からみると「かわいい」ものですから、その人たちが来なくなるというのは辛いことです。

むろん、ターゲットを変えるということをせず、この「かわいい」人たちと運命をともにする、というのも、1つのあり方です。

そこは協会主催者の「選択」になります。



無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?

協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

 

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会事業とはなにか?」

その本質を詳しく解説していきます。

 

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、いわゆる「勘所」をお伝えできればと思います。

 

無料ダウンロードはこちら(以下のフォームからお申込みください)。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

 ▽

 

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン

「協会LOVE」

を配信させていただきます。

 

配信頻度: 週1回程度

 

協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。